寺歴

 龍源寺は、正式には慈雲山松田院龍源寺と称する。上信越自動車道吉井インターチェンジの南1㎞の集落、高崎市吉井町多胡字蟹沢にある。

 『上野国郡村誌』に、「神保村仁叟寺末寺派、僧壽溯和尚開基、創建年号不詳」とあり、『多胡郡寺院明細帳』には、「正保元申年(1644)3月、僧壽溯創建、明治20(1893)6年1月23日焼失」、と記されている。

 寺伝によると、はじめ当村字元屋敷の下城山に華應存永が創建したが、5代目智眼慶察のときに、山崩れで堂宇・墓地ともに埋没した。仁叟寺9世日洲壽溯を請いて開山し、曹洞宗寺院となった。正保3年(1646)3月、当地の地頭の門奈六左衛門が両親菩提供養のため、土地1反20歩を寄進し、堂宇が建てられた。
 門奈氏は、甲府勤番をつとめる旗本であり、多胡地域60石余りを治めていたが、多胡に在住したという記録はない。多胡の神保金光家に、甲府へ年貢を届けたという文書が残されている。門奈氏の子孫は、現在神奈川県横須賀市に在住で、時々当寺へ来られる。

 明治26年(1893)1月23日、火災で本堂、庫裏などが悉く灰燼に帰した。しかし翌27年、檀信徒の浄財で再建した。
 そのとき、埼玉県賀美村陽雲寺(当時の住職は武田正樹、埼玉県児玉郡上里町金久保)の末寺で、廃寺となっていた陽福院(尼寺)に安置されていた釈迦三尊像を得て、本尊とした。

 参道には六地蔵菩薩像・二十二夜尊像・太平洋戦争戦没者供養碑と並んで、義民白田六右衛門の顕彰碑がある。高さ165cm・幅62cmの同碑は、昭和63年(1988)春彼岸会に建立された。
 元禄初期、干魃で苦しむ農民を救うため、年貢米の穀倉を開放した名主六右衛門は、違法行為の罪で元禄2年(1689)5月4日、斬首された。弱冠24歳であった。戒名は、「一刀利切禅定門」、のち「寂室相空居士」と改められた。

 墓は白田智志家墓所にある。六右衛門が胡瓜畑で斬首されて以来、白田一族は胡瓜をつくらない習わしとなっている。ほか、六右衛門の遺徳を偲び、先祖祭りと称して、各家もち回りで施主となり、供養を続けていた。また、短い命を終えた場所に藁葺の祠を建て、命日には草餅や赤飯を供え、霊を弔ってきた。昭和27年(1952)に、祠は多胡石製の石宮に改修された。
 桑畑の中にあったこの石宮は、顕彰碑完成とともに、その隣に移転した。位牌は、白田博家の仏壇の中に安置されており、白木の板位牌に記してある。「寂室相空居士 元禄2年巳5月初4日 一庭妙槃大姉 貞享5年辰(1688)4月初4日」。なお、一庭妙槃大姉は六右衛門の母と伝えられている。

 また、境内の山中腹に小堂があり、「養蚕倍盛」を祈る大権現である蚕影山が祀られていた。龍源寺の象徴ともいえる蚕影山は、毎年3月23日が大祭の日であった。春彼岸会中のお祭りは、全国的にも珍しい。明治時代になり、隣町である富岡市に官営富岡製糸場が建てられ、とくにこの地域では養蚕が盛んになった。全国的に有名な多胡早生という桑の品種は、当地で開発されたものである。蚕影山の大祭は大変賑やかで、露天商なども出て盛会であったという。現在、小堂は老朽化のため取り壊され、跡地には「蚕影山跡地」の石碑が建っている。
 本尊蚕影山大権現は、平成15年(2003)4月29日、本堂内の復旧した宮殿内に安置された。小堂が山中にあったため、明治時代の火災に遭うこともなかったのである。当寺の歴史を伝える貴重な仏像である。

 同17年(2005)に行われた佛教造形研究所(本間紀男代表)の調査では、中世の面影を残した仏像であることが判明した。現在は、養蚕農家の減少ゆえ蚕影山の大祭の存続が危ぶまれたが、同15年の移転を機に、大施食会のある4月29日に日にちを移して、あわせて執り行われている。

 本堂庇には、総高64cm・口径43・3cm(1尺4寸3分)・重量推定62kgの殿鐘がある。8世祐峯智貫代の、延享3年(1746)に鋳造された古鐘である。鋳い物も師じは、江戸神田の江戸幕府御用達であった西村和泉守藤原政時である。地蔵菩薩が陽鋳されており、尊像の仕上がりもよく、明治の大火、太平洋戦争の供出をも免れて当寺に残っている。
 ほか、境内には総高90cmの青銅製魚籃観音が造立されている。同観音像は、海がない県内において魚介供養ができうる場所が欲しい、との声を受け、29世渡辺啓司(現仁叟寺31世)が建立した。
 新潟市の水産会社である加島屋の寄進で、台座にある「魚籃観世音菩薩」の揮毫は、故稲葉修衆議院議員である。
 もともと龍源寺は、「修行寺」・「出世寺」といわれ、仁叟寺へ普山する住職が、その修行を行う寺院であった。実際、開山はもちろんのこと、2世・3世・6世・7世・8世・24世・25世・28世・29世の住職は、仁叟寺へと晋山している。なお、現在の住職は30世渡辺龍道であり、仁叟寺の副住職を兼ねている。

歴代住職
世代 住職名 示寂年月日 備 考
初代 華應存永大和尚 申ノ年寂 伝創建、元屋敷に寺院建立
2代 月叟長守大和尚
3代 寒室壽天大和尚
4代 日叟祐朔大和尚 万治4年(1661)6月14日寂
5代 智眼慶察大和尚 元禄11年(1698)4月27日寂
山崩れ、現在地に移転、以降曹洞宗寺院
開山 日洲壽朔大和尚 正保3年(1646)8月22日寂 仁叟寺9世
2世 月峯牛雪大和尚 明暦3年(1657)6月10日寂 仁叟寺10世、玄太寺開山、松林寺開山
3世 眼國相朔大和尚 元禄3年(1690)5月11日寂 仁叟寺11世、玄太寺2世、観音寺2世、松林寺2世
4世 中興ドウサツ良君大和尚
(同にこころ【心】 爻にりっとう【刂】)
元禄8年(1695)3月5日寂
5世 通峯達玄大和尚 元禄13年(1700)4月14日寂
6世 棟屋賢梁大和尚 延享元(1744)年9月11日寂 仁叟寺15世
7世 泰翁元張大和尚 延享5(1748)年6月26日寂 仁叟寺16世
8世 祐峯智貫大和尚 宝暦4(1754)年12月23日寂 仁叟寺18世
9世 大囲祖勇大和尚 安永2(1773)年1月20日寂 埼玉國昌寺へ転住
10世 透岳禪関大和尚 天明6年(1786)7月20日寂
11世 白峯宣明大和尚 文化6(1809年)7月15日寂 富岡長学寺17世
12世 達智門大和尚
13世 重寛臨寶大和尚 文化5年(1808)12月22日寂 藤岡源性寺12世
14世 瑞仙秀苗大和尚 文政2年(1819)4月6日寂 館林春昌寺25世
15世 亮國牛大和尚
16世 一山官立大和尚
17世 惠鏡大和尚
18世 悦山黙笑大和尚 慶応元年(1865)29日寂 仁叟寺24世、柏崎妙智寺23世
19世 宗明大和尚
20世 悟山大和尚
21世 宗寛大和尚
22世 髙峰官道大和尚
23世 重興 祥雲天瑞大和尚 明治31年(1898)2月23日寂
24世 卍成海雲大和尚 大正15年(1926)11月20日寂 仁叟寺28世、万場慈恩寺21世
25世 雲巖石橋大和尚 昭和41年(1966)2月3日寂 仁叟寺再中興29世
26世 慈雲厚三大和尚 昭和9(1934年)1月20日寂 佐久自成寺へ転住
27世 大義忠久大和尚 昭和19年(1944)10月18日寂
28世 大澄隆司大和尚 仁叟寺30世、明和宗龍寺、板倉薬師寺、板倉長養寺
29世 大顯啓司大和尚 仁叟寺31世
30世 大永龍道大和尚

当寺開基
地頭 門奈六左衛門 普門院殿含光月城大居士位
同 夫人 守教院妙含月昌信女位


※ 仁叟寺末寺(9カ寺)
 延享2年(1745)6月24日、徳川幕府は諸宗派に本末調査を命じた。これにより宗門の本末秩序を断定する寺統相承の根本基礎が確立し、最も権威ある本末牒が制定された。
 ここにおいて曹洞宗は、1派本山永平寺および總持寺の2本立てとなっている。大本山總持寺所蔵の蔵版『延享度曹洞宗寺院本末牒』には「壹萬7549箇寺」が記されている。
 この本末牒の雙林寺の項に仁叟寺があり、仁叟寺の項に末寺、向陽寺の項に孫末寺があるので、これを紹介する。
 なお、向陽寺以外に末寺を持つ寺院はない。
 したがって仁叟寺の孫末寺は、向陽寺の末寺6カ寺のみとなるわけである。なお、向陽寺末寺に、末寺を有する寺院はない。
  

月江派 上野國群馬郡白井 雙林寺末
1、 御朱印二拾五石 同國多胡郡神保 仁叟寺
    上野國多胡郡神保 仁叟寺末
 1、   上野國多胡郡八束 觀音寺
 1、   同國同郡松田 龍源寺
 1、   同國同郡吉井 玄太寺
 1、   同國同郡同所 正應院
 1、   同國同郡同所 少林寺
 1、 御朱印九石 同國甘樂郡天引 向陽寺
    上野國甘樂郡天引 向陽寺末
1、 除地     上野國甘樂郡天引 松岸寺
1、 除地     同國同郡同所 壽福寺
1、 除地     同國碓氷郡野殿 宗泉寺
1、 御朱印拾一石 同國群馬郡高崎 向雲寺
1、 除地     武藏國比企郡横田村 輪禪寺
 1、 除地 信濃國佐久郡望月 信永院

 仁叟寺に9カ寺あったといわれる末寺が、これによると7カ寺しかない。すなわち、寶福寺および若栗観音寺は延享2年当時、既に廃寺となっていた可能性が高い。孫末寺の白泉寺も、同様と思われる。
 また、少林寺は松林寺、松岸寺は松岩寺のことと思われる。御朱印地を賜っている寺院として、仁叟寺25石、向陽寺9石、向雲寺11石がある。

 

Ryugenji All Rights Reserved.